【麺.log #012】鶏の穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

f:id:name_F:20180212154842j:plain

メニュー:白鶏ラーメン(玉子のせ)/¥840

     鶏めし/¥300

点数  :72点

訪問日 :2018/2/12

訪問回数:1回

 

池袋の東口からビックカメラ方面へ徒歩5分ほど。アヤシイ通りに入るちょい手前くらいの少し分かりづらい立地。店の評価とは関係ないが、東口のアヤシイ通りはいつもすえた匂いがして好きじゃない。

 

スープはポタージュのようなとろみのある白湯。タレは塩だが塩分控えめで、口当たりがマイルド。雑味がなく丁寧なつくり。

麺は中太ストレート。デフォルトでも気持ち固茹ででスープとの相性がいい。麺量は並を頼んだが、そこそこ多めだったような気がする。

特徴的なトッピングとしては味濃いめのそぼろが乗っており、前提的に塩分控えめな丼にメリハリをつけている。チャーシューは鶏モモのみで、白湯だろうがなんだろうが豚チャーシュー食べたい派の私にとってはやや残念。焼印が押してある味玉は卵自体の味が濃く、超半熟で美味。

サイドメニューの鶏めしは麦飯+胸肉チャーシュー+手もみ焼海苔の組み合わせ。ご飯が麦飯というのが珍しいが、チャーシューが淡白なためインパクト弱めな印象。

 

スープ、トッピング、麺のバランスが良く安心して食べられる味。私は看板メニューの「白鶏(白湯+塩)」を食べたが、同行者が注文した「赤鶏(白湯+辛味+醤油)」の方がパンチがあって好みだったかもしれない。次回訪問時は「赤鶏」を食べようと思う。

 

 


訪問履歴:

2018/2/12 – 記事参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*